整体

整体のジャンルは様々

1946年以前の日本には医師免許という国家資格は存在しませんでした。当時、全国に診療所や養生所が存在しましたが、それを開業するには資格などは必要なく、そういったところに弟子入りして、一人前になれば個人で開業するといったものが開業までの流れでした。 そこで、診療所や養生所で手技療法として行われてきたのが整体であり、それには、日本古来から受け継がれてきたものに加え、中国から伝わった手技や欧米から伝わったカイロプラクティック、インドなどから伝わったアーユルヴェーダなどがあり、施術する人によってそれを組み合わせて行ってきました。 こういった流れは現代にも受け継がれており、現代でも整体師と呼ばれる国家資格は存在せず、個人で修業し、さまざまな手技を自分で組み合わせて施術に活かしている人が多いのです。

整体には美容整体、ソフト整体などいろいろなジャンルがあります。というのは、開業する個人が独自に開発すれば、どんなジャンルの整体であっても看板として掲げることができるからです。その上、特別な資格は必要ありません。民間の資格はありますが、そのメリットは、店内に資格証を掲げればより信頼度が増すといった程度です。 民間の資格を取ることもお店繁盛の一つの手段ですが、あらゆるジャンルの整体の店が増えている今の時代、ターゲットを明確にし、独自のジャンルを開発して売り出すことが、整体開業にあたっては重要なのではないかと思います。 ちなみに、OLさんが多い地域に開業するなら美容整体や小顔整体、小顔矯正なんかがおすすめです。